遠征が本当に楽しかった報告書

自分達の話は、さておき今回の旅で、ご一緒したりライブ見させてもらったり下バンドさんたち。
TRI4TH,JD’s,SilentJazzCase,bohemianvoodoo,赤門,BLACKQP’67。

全ての方々が、カッコよくて、上手くて、オシャレで、本当に刺激的でした。

TRI4THは、また近々一緒にやることがあるとかないとか!

日本で一番尊敬しているTrumpetの島さんや、JABBERLOOPのメンバーも、その日もライブでお忙しいのにわざわざ遊びに来てくださって、久々にお会いできてとても嬉しかったです。

今回のたびで、TRI4TH,JD’s,SilentJazzCase,赤門が良すぎるのは承知してたのですが、島さんのライブの後にあったbohemianvoodooのライブがあったのですが、そのライブが良すぎて、本当に興奮するとともに悔しい気持ちでした!
JAZZを「カレー」としてROCKを「せんべい」とするなら、カルメラは「カレーせんべい」だと思ってます。JAZZを「焼肉」としてROCKを「魚のすり身」とするなら、カルメラは「焼肉さん太郎」だと思ってます。
bohemianvoodooは僕らの「カレーせんべい」のようにハミ出しすぎることなく、しっかりJAZZやし、迫力あるし、メロディアスやし。でいて男前やし!(笑)
自分達と比べて、人からは一見違うものに認識されると思うけど、比較的コンセプト
にしてる所が僕らと同じように感じ、しかも、そのコンセプトを僕らよりも遥かに、正確に再現されてるバンドさんでした。とても良いバンドさんです。ぜひとも一緒に出来たら嬉しいな…。

そしてBLACKQP’67。
中村さんは、サックス吹きとしても、バンドのメインアレンジャーとしても、なにより人間としても、全て100点の、非のうちどころのない素晴らしい人で、非常に感動しました。あんな大人になりたい。
カルメラのようなスタイルのバンドをやってはいますが、一応それなりにJAZZが好きなのですが、BLACKQP’67のライブは、ロックにしか興味がなかった10代の僕が「JAZZかっこいいかも」と思った20歳くらいの頃に、「このJAZZはカッコいい。このJAZZは意味わからん。」とかいろいろ勝手に線引きしてた時代に「カッコいい」と思ってた、いわば僕の初期衝動が完全に再現されたバンドで、メロウなテーマで、迫力ある演奏で、これまた衝撃すぎました。
しかも、哀愁がハンパなく、正直、ライブを見させてもらいながら目がウルウルしました。
人の演奏を見て、音楽に感動して涙を流したのは、数年前にMEET THE WORLD BEATで初めてThe Boomを見たとき以来です。
補足でその前に流したのは、Beginのライブを芸大で見たとき。
人生において3回目となりました。
そんな中村さんから「カルメラとBLACKQPって、違うように見えても遠からずって感じだよね?」と言っていただき、これまたカルメラに、僕の初期衝動が少なからず入ってることが伝わってると思うと、さらに嬉しかったです。
数すくない僕の中の「尊敬すべきアーティストリスト」に勝手ながら余裕で殿堂入りです。

僕みたいな人間は、少なからず「色眼鏡」で人様のライブを見ることも多いのに、今回の旅で見た6組のバンドさんの全てが良すぎる…みたいなことって正直普通ありえないです。
しかも、みなさんJAZZの人ばかりで、正直「カレーせんべい」なカルメラがJAZZのミュージシャン、またはそれを見に来るお客さんから、受け入れえもらえるか不安なまま旅に出ましたが、多くの方に楽しんでもらえたようで、さらにバンドさんからも「本当にカッコよかった。また一緒にやりましょう!」と言ってもらうことが出来、感無量で、このまま死んでも悔いは残らないくらい、幸せな週末でした。

日本には、こんなに素晴らしすぎるバンドがたくさんあるにもかかわらず、関東の人は、それなりの回数のライブを見ることが出来ると思うけど、みなさん大阪に来る機会も多くなく、大阪の音楽ファンが、「こんな良いバンドがいる」ということを知る機会が少ないのは残念すぎます。
これは、大阪を拠点に活動してる僕らとしては、人肌脱がないテはありません!

ひとまず、

20XX.X.XX(土)「○○○○vol.1」
@大阪・CLUB ○○
live:
Shima&ShikouDUO
bohemianvoodoo
BLACKQP’67
カルメラ

20XX.X.XX(日))「○○○○vol.2」
live:
TRI4TH
JABBERLOOP
JiLL-Decoy association
カルメラ

の様なイベントを、近い将来に組みたい!というのを「夢」というか「目標」にしようと思います!
遠方のバンドさんばかりで、予算立てが上手く行く気はしませんが(苦笑)

まだまだたくさん、こんなバンドもいるはず!!
もっといろんな人と出会って、いろんな刺激を受けたいなぁ。

CDが売れなくなってる時代ですが、たとえダウンロード派の人が増えようが、家で聞くのとは違った、ライブでしか味わえない、感動や迫力があるのは今も昔も同じなわけで。
それさえも知らない若者も増えて来てるようですが、音楽の楽しみ方はiTunesで再生、Youtubeで聞くだけじゃないんだぜ!と、もっと気付くべし!
それを知らないのは、非常にもったいのです。

「カルメラが良いんだよ」という押し付けはしませんが、たかだか2000〜3000円ほどで、生で聞けるバンドはたくさんあるし、それが出来ることは本当に幸せな環境だということに、もっとたくさんの人に気付いてほしい。
そして、それにたくさんの人が気付かないと、作る人にもお金が回らず、どんどんアーティストが減っていき、町中「無音」になっちゃうよ。そんなの嫌でしょ??

カルメラもその役目を担うべく、勝手ながら、もっともっと頑張ろうと思う。
そして、良いバンドはもっともっと評価されて、みんなで幸せになれば良いと思う。

  1 comment for “遠征が本当に楽しかった報告書

  1. まゆ
    11月 19 at 10:03 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゴウシさんの熱い気持ち、
    感動しました!!!*> <*
    熱さに引き込まれました(笑)

    わたしもライブの良さ、この夏に改めて知りました*> <。もっとはやく知りたかた..。カルメラさんも、もっとはやく知りたかった..*> <。

    まだ聞いたことなぃ、昔のカルメラのバラートと言われるやつを聴いてみたいですょ*´`*)♪~

    わたしもまだまだ聞いたことないバンドさんたくさんたくさんいます*> <*

    非常にもったいなぃと思います*> <*

    ブログで知り合った女の子が、昨日『soil"pinp"〜』のライブ後にカルメラがチラシを配ってたよ!って教えてくれました*^ ^*

    そのこは今日(11/19)のブログにソイルのYouTubeを張り付けてくれました!

    見てみると、カルメラさんと目指してる音楽みたいなものが似ているような気がしました!!!

    勝手な想像ながら、チラシを配る意味もわかる気がました*^ ^*

    わたしはいつも優しくしてもらっているカルメラが大好きです*^ ^*♪~

    楽しくて、気づくと自然と笑顔で手拍子していて、元気をもらえて、パワーも感じます☆

    これからも応援してます☆ 頑張ってくださいね*> <*)g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください